先ずはゆっくり、お話しを聞かせてください

どうしたら良いか分からない、でも何とかしたい。
「これで良いのか、不安」
「ため息しか出ない・・・・」

それで構いません。
言葉に出来なくて、ただただポロポロ涙を流すだけでも
「つかれたぁ・・・」 「もうヤダ・・・」 「イライラが止まらない」 「ムカつく」
どんなに短い言葉でも、そこにあなたの物語があります。

もちろん、たくさん話したい時はめいいっぱい、たくさん。
あなたのペースで、あなたの想いやお話を聞かせてください。

「子どもに友達が出来るか心配」
「子どもにイライラして、叩いてしまう。この手が凶器になる・・・。」
「子どもがぬいぐるみを放さない。さみしい思いをしてるのかな・・・」
「自分の親からのアドバイスが鬱陶しい!!」
「出産が怖い」
「夫婦喧嘩が増えた」
「仕事の事でモヤモヤが溜まって、仕事に行きたくない」
「特に理由は無いけど、何だか不安」
「仕事で関わるあの人が嫌で嫌で仕方ない」
「人前で話す時、極度に緊張する」
「こんな事言ってもいいのかな・・・」
「友達にも、親にも言えない・・・」

そんな時、カウンセラーに話してみませんか?

あなたがより良い日々を送れるように、心のひっかかりが取れるように
あなたに寄り添い、あなたと一緒に考えます。

インナーチェンジングセラピーとは

「性格が変わるカウンセリング」とも言われています。

どうしてそう言われるか、簡単に説明すると・・・

性格は生まれた時から少しずつ自分で取り入れてきたマイルールで出来ています。

幼い頃に決めたマイルールを大人になっても使い続ける事で「今の自分には合わないルール」が出てきます。

その合わないルールを「今の自分に合うルール」に書き換えていくのが、インナーチェンジングセラピーです。

カウンセリングの中では、変えたい所だけを題材にしますので、無理にアレコレ話す必要はありません。

また、カウンセリングの始めに「カウンセリングのゴール」「どうなっていたいか」どんな姿が望ましいか」を伺い、共有しますので、カウンセリングの効果を実感しやすいというのも特徴です。

インナーチェンジングセラピーは「感情処理法」「愛着のカウンセリング」「交流分析」「人格適応論」 を ベースとしたカウンセリングです。